いまや限界集落…団地が抱える「孤独死」問題と問われる「共生」東洋経済オンライン

いまや限界集落…団地が抱える「孤独死」問題と問われる「共生」

ざっくり言うと

  • 千葉県松戸市の常盤平団地は、住民の半数近くが65歳以上の高齢者だという
  • 「孤独死」が問題となっており、死後3年で遺体が発見されるというケースも
  • 自治会長は孤独死ゼロを目指し、団地内に「ふれあいサロン」を作ったそう

ランキング