2018年3月23日に発生したテスラModel Xの事故で、死亡したアップルの技術者Walter Huang氏の遺族が、テスラを相手取って訴訟を起こしました。遺族はModel Xには設計上の欠陥があると主張し、さらにModel Xが衝突した高速道路分離帯に本来あるべき緩衝バリアを再配置していなかった州を非難しています。 事故発生当時、テスラのイーロン・マスクCEOは事故に至る間に何があったかをより理解するために、当局に協力していると述べつつ