【AFP=時事】香港で28日、中国本土への容疑者引き渡しを可能にする条例改正案に反対するデモが行われ、主催者発表で13万人以上が参加した。警察発表による参加者数は約2万2000人と大幅に少ないが、それでも2014年の「雨傘運動(Umbrella Movement)」のデモ以降では最多。ここ数年で最大規模の参加者が集まった背景には、「雨傘運動」の発起人らが最近、実刑判決を受けたことへの反発がある。香港の選挙制度の民主化を求めた2