日本共産党の仁比聡平議員は16日の参院法務委員会で、法務省プロジェクトチーム(PT)による外国人技能実習生の失踪事案等に関する調査報告書の欠陥を指摘し、「これで幕引きは許されない」と迫りました。報告書は3月29日に公表されたもの。山下貴司法相は、仁比氏に対し「可能な限り客観資料を入手し、調査したファクト(事実)を示した」と述べました。これに対して仁比氏は、「軽微な書類不備」を理由に違法・不正