【AFP=時事】オランダの鉄道施設管理会社が、ティーンエージャーを対象とした人身事故予防キャンペーンでこうした事故の死傷者たちの衣服を用いたところ、衝撃的すぎると非難の声が巻き起こっている。オランダで線路の管理運営を行う「プロレール(ProRail)」は4日、線路付近で多発する事故を防ごうと「Victim Fashion(犠牲者たちのファッション)」と題した予防キャンペーンを開始。列車にはねられるなどの事故で死傷した人