3月5日よりスイスで開催されたジュネーブ国際モーターショーで、マツダは満を持して新型SUVの「CX-30」を発表したが、真っ先に驚いたのがその車名だ。既存モデル「CX-3」の後継と見られ、新型「CX-3」や「CX-4」といった車名も噂されていたが、フタを開けると二桁数字になっていたからだ。モータージャーナリストの鈴木ケンイチ氏は「新しいネーミングからマツダの未来が見えてくる」と指摘する。【写真】東京モーターショー、マ