日本代表はボリビアとの親善試合に1-0で勝利し、1勝1敗で3月のインターナショナルマッチウィークを終えた。一方のボリビアは韓国戦に続き、0-1での敗戦。『Diez』によれば、エドゥアルド・ビジェガス監督は試合後にこう述べていたそう。 エドゥアルド・ビジェガス(ボリビア代表監督)「(日本戦の敗北について)いい戦術的傾向を持つ2つのチームによるインテンシティの強い試合だった。日本には相当なアグレッシブさと生粋の攻撃