ルイス・ファン・ハールは改めて引退したことを認め、マンチェスター・ユナイテッドを退任してからのここ2年間でオファーを受けていたにも関わらず、現場に復帰する考えはないことを明らかにした。オランダ人指揮官は日曜日の夜にオランダのテレビ番組で、個人的な理由で完全なる引退を決意したことを連想させた。「私の妻は22年前に、私が外国で仕事をすることについてくるために仕事を辞めた。私は彼女に(1997年に)、55歳で引退