Apple Watchがユーザーの心拍数の異常を検知し、病院で診断を受けた結果、頻脈の状態になっていることが明らかになりました。病院のモニタリング機器とApple Watchの心拍数表示は常に一致していたTwitterユーザーのアイラ・フラトー氏(@iraflatow)の弟がApple Watchを着用していたところ、毎分200回(200bpm)の心拍数が検知され、病院に行くよう警告を受けたとのことです。病院で診断を受けた結果、頻脈の状態であること