日本共産党の、とくとめ道信東京都議は8日の都議会総務委員会で、都営水道の施設管理業務を受託している都の外郭団体「東京水道サービス」社が、巡回業務を怠っていたり、給水管の撤去工事で工事完了写真を改ざんしたりするなどの行為を重ねていた問題を追及し、原因究明と再発防止を求めました。同社は都水道局が51%を出資し、社長など役員・幹部の多くを都OBや水道局派遣幹部が占めています。都総務局が2月に行った同