United States Computer Emergency Readiness Team (US-CERT)は3月7日(米国時間)、「Google Releases Security Updates for Chrome|US-CERT」において、Google Chromeに脆弱性が存在すると伝えた。この脆弱性を悪用されると、遠隔から攻撃者によって影響を受けたシステムの制御権が乗っ取られる危険性があるとされている。すでに、この脆弱性を悪用した攻撃が確認されており、注意が必要。脆弱性の詳細は次のページにまとまってい