沖縄防衛局が、名護市辺野古の米軍新基地建設に伴う「K8」護岸工事に着手した問題で、玉城デニー知事は5日、「県の埋め立て承認取り消し(撤回)で防衛局は工事を行う権限を失っているにもかかわらず、違法に工事を進めている」とするコメントを発表しました。デニー知事は「1日に安倍総理と面談し、『県民の民意に寄り添う』『県民投票結果を真摯(しんし)に受け止める』との総理の言葉が本心ならば、工事を直ちに止める