コダックが倒れ、富士フイルムは残った 両社の明暗を分けた戦略とはプレジデントオンライン

コダックが倒れ、富士フイルムは残った 両社の明暗を分けた戦略とは

ざっくり言うと

  • 写真フィルムのトップメーカーだったイーストマン・コダックと富士フイルム
  • 後者だけが生き残ったのは、既存の技術や知識を再利用する戦略をとったため
  • 変化が激しい現代では、コスト削減よりも付加価値の最大化が重要になるそう

ランキング

x