東京都足立区の柳原病院で2016年、手術直後の女性患者の胸をなめたなどとして、準強制わいせつ罪に問われた外科医師(43)の判決が20日、東京地裁であり、大川隆男裁判長は「事件があったとするのには、合理的な疑い」があるとして、無罪(求刑懲役3年)としました。裁判は、被害を受けたとする女性患者の証言が全身麻酔から覚める過程で起きる「術後せん妄」による幻覚かどうかが争点となりました。判決は「せん妄