昨年末、大手紙の報道をきっかけにクローズアップされた保険外交員の給与搾取問題。同時多発的に訴訟沙汰となり、保険の乗り合い代理店を中心に波紋を広げている。だが、問題は代理店だけにとどまらない。そこには、売り上げ至上主義ともいえる保険会社の存在が小さくないからだ。(「週刊ダイヤモンド」編集部藤田章夫)2月4日、保険外交員搾取被害弁護団の弁護士たちが一堂に会した。場所は厚生労働省の記者会見室。一人の弁