JR東海のリニア中央新幹線建設工事をめぐる談合事件で、独占禁止法違反(不当な取引制限)罪に問われた大成建設(東京都新宿区)元常務執行役員の大川孝(68)、鹿島(同港区)元専任部長の大沢一郎(61)両被告と法人としての両社の初公判が14日、東京地裁(楡井=にれい=英夫裁判長)でありました。リニア建設は安倍晋三首相が後押し、財政投融資から3兆円を低利で貸し付けており、公共性の極めて高い国家的プロジェ