2月3日は節分の日。今年も、東京駅周辺の各施設、各店舗が力を入れて約30種類以上の恵方巻を販売している。そこで今回は、一風変わった「変わり種」の恵方巻をピックアップして紹介しよう。【写真を見る】「牛たん恵方巻き」具材は、牛たん焼きたれ和え、舌先やわらか煮、玉子焼、ボイルキャベツ、ボイルいんげん、マヨネーズ、海苔、ごま、国産米の炊き込みごはん■ 崎陽軒の「シウマイ恵方まん」(1本350円)グランスタにある崎陽