何が言いたいか分からない 効率の悪いプレゼン資料の特徴3つプレジデントオンライン

何が言いたいか分からない 効率の悪いプレゼン資料の特徴3つ

ざっくり言うと

  • 無駄が多く「過剰品質」なプレゼン資料の特徴を、専門家が紹介している
  • 日本の資料は総じて「線」が多く、種類や位置の調整などが非効率だと指摘
  • 色も多く、多様な装飾・演出で「言いたいこと」が分かりにくいと説明した

ランキング

x