珈琲の消費量拡大も 平成の30年間で国内の喫茶店が半減した理由プレジデントオンライン

珈琲の消費量拡大も 平成の30年間で国内の喫茶店が半減した理由

ざっくり言うと

  • この30年間でコーヒーの消費量は拡大しているが、喫茶店の数は半減した
  • 昭和時代のブームは去り、男性客中心の喫茶店から女性客中心のカフェへ移行
  • また、コンビニコーヒーの台頭などで、自宅や職場で飲む人が増えたという

ランキング