韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は24日、訪問先のスイス・ダボスでロイター通信のインタビューに応じ、2月に開催が予定されている米朝首脳会談で、「北朝鮮は核施設の廃棄や、国際機構の査察の受け入れなど、核兵器の放棄に向けた具体的な約束をする必要がある」との見解を示しました。一方で、会談では「米朝両国の堅固たる政治的意思を踏まえ、具体的な成果をあげると考えている」と語り、核兵器や弾道ミサイル開発