日本共産党、立憲民主党、国民民主党、社会保障を立て直す国民会議、自由党、社民党の6野党・会派の国対委員長は25日、国会内で会談し、毎月勤労統計の不正・偽装問題について24日の閉会中審査で厚労省の組織的隠ぺいは明らかであり、また、特別監察委員会の報告書をめぐり、聞き取り調査や原案の作成を厚労省職員が担当していたことは、独立の第三者による検証とはいえないとの認識で一致。野党は真相究明のために、与野党