日本の朝鮮半島での植民地支配や侵略戦争と直結した日本企業による反人道的な不法行為を受けたとして、韓国大法院(最高裁)が元徴用工や元挺身(ていしん)隊員ら韓国人への賠償を三菱重工業に命じた判決をめぐり、原告側の日本の支援者が18日、同社本社(東京都千代田区)を訪れ、被害者原告の尊厳の回復のための協議を求める要請書を同社の宮永俊一社長あてに提出しました。要請書の名義は、勤労挺身隊光州訴訟弁護団の李