その日、日本科学未来館で高らかに歌い上げられるオペラの中心にいたのは、アンドロイドだった。人工生命の国際会議「ALIFE 2018」の初日のメインイヴェントは<アンドロイド・オペラ「Scary Beauty」>と題するコンサート。現代音楽家の渋谷慶一郎のオリジナル楽曲を、複雑系研究者の池上高志とロボット工学者の石黒浩が共同でつくり上げたアンドロイド「オルタ2」が指揮し、30名のオーケストラとともに演奏された。激しく全身を