フランシスコ・ハビエル・ガルシア・ピミエンタは、『Barca TV』のインタビューに応じ、レオ・メッシに関する逸話を語った。バルサBの現監督が、バルサでのデビューを飾ったのは、アレックス・ガルシアの第2監督を務めていたカデーテA時代のことであった。「87年世代は素晴らしかったよ」と思い出しながら口にした。「ピケ、セスク、ビクトル・バスケスがいたね...」その後すぐに『ピミ』とアレックスの注意を引くことになる小さな