できるだけキレイに写真を撮りたいけれど、いつシャッターチャンスが現れるかわからない、じっとしないペットを被写体にするからブレがちという場合には、動画を撮影して最高の瞬間を切り出す方法がベストです。iPhoneのカメラには連写(バースト)機能もありますが、シャッターチャンスの到来まで5分、10分かかりそうな被写体には動画撮影のほうが適しています。気になるのは画質ですが、iPhone 6s/6s Plus以降のモデルは4K(3,840×