テスラが、企業情報を盗み出した元従業員マーティン・トリップ氏に対して起こした訴訟で、1億6700万ドル(約189億円)の賠償を求めました。テスラは、トリップ氏がテスラの工場でコンピューターにアクセスして数GBものデータを盗み出し、さらに部外者に虚偽の主張を行ったとしています。トリップ氏はネバダ州にあるテスラのバッテリー工場が、不良バッテリーをそのままテスラModel 3用として供給しており、ドライバーに危険を及ぼす