日本共産党、立憲民主党、国民民主党、無所属の会、自由党、社民党、参院会派「沖縄の風」の7野党・会派の議員は3日、国会内で記者会見し、失踪外国人技能実習生への聴取票を閲覧・集計した結果、2892人(重複22人分含む)のうち、67%の1939人が最低賃金を下回っていたと発表しました。外国人労働者受け入れ拡大の出入国管理法改定案の審議の土台は崩れたと指摘しました。野党は、衆院法務委と参院予算・法務委