日本共産党の仁比聡平議員が28日の参院本会議で行った出入国管理法改定案に対する質問(要旨)は次の通りです。総理は7日の本院予算委員会で、技能実習について「いまでも9割の方々は、まさに目的に沿った形で日本で技能を身につけ、母国に帰ってその技能を生かして活躍している」と答弁されました。その根拠は何ですか。雇用の調整弁に労働基準監督署が技能実習先事業所に行っている監督指導で、労働基準関係法令違反が