外国人労働者に対する労働関係法違反が横行するなか、政府・与党は外国人労働者の受け入れをさらに拡大する出入国管理法改定案の審議をごり押ししようとしています。日本共産党の藤野保史議員は13日の衆院法務委員会で、法案審議の前提として、劣悪な環境で働かされ、失踪が後を絶たない外国人技能実習生の実態をつかむ必要性を強調。入国管理局が行った失踪技能実習生への「聴取票」のデータ(写真)など重要資料の提出を求め