中国黒龍江省牡丹江市に住む媛媛さん(32)は16歳の時、地元の警官に両親の拷問現場を強制的に見せられたあと、強い精神的ショックで精神障害を患った。法輪功学習者の情報を発信する明慧網が10月29日報じた。媛媛さんの両親は1998年から中国伝統気功、法輪功を習い始めた。99年中国共産党政権が法輪功学習者に対して弾圧を始めてから、両親は当局に数回、不法拘禁され、懲役刑を言い渡された。両親は拘束中、何度も拷問を受けた。