テア・シュテーゲンがブラーボとの熾烈な競争を振り返るバルセロナの守護神を務めるドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンは、現在マンチェスター・シティに所属するチリ代表GKクラウディオ・ブラーボとポジション争いをしていた時に「バルセロナから離れることを考えた時があった」ことを明かした。スペイン紙「マルカ」が報じている。14年にドイツのボルシアMGからバルセロナへと移籍したテア・シュテーゲンは、