スマートフォンの急速な普及とともに、高額な修理費用に頭を悩ませる人が増える中で、今年7月、新種の「スマホ保険」が登場した。その特徴は、スマホの扱い方に応じて、故障や破損するリスクを人工知能(AI)がはじき出し、そのリスクに応じて保険料を割り引くことだ。スマホに標準搭載されている加速度センサーなどのデータを、専用のアプリが計測し、独自の「安全スコア」を算出。スコア(偏差値)が平均値の50なら保険