私は大学院で物理を勉強し、卒業してから広告代理店で数年間、営業マンとして働いた後、ベンチャー企業を経て、経営コンサルティングの会社に転職しました。広告代理店やベンチャー企業での経験を通して、人を活かし、人を動かして成果を上げることに手応えを感じ、次は「会社を動かす仕事」に挑戦したい、と考えるようになったからです。(「はじめに」より)『頭の悪い伝え方 頭のいい伝え方』(高橋輝行著、アスコム)の著者は