関連画像弁護士ドットコム

フラダンスの振付に著作権を認める 大阪地裁の判決に反響

ざっくり言うと

  • 21日の大阪地裁でフラダンスの振り付けに著作権が認められ、反響を呼んだ
  • 踊りも著作権の対象になりうるが、訴訟になる例が少ないからだという
  • 「創造性」の有無が争点になっており今後重要な判例になると考えられている

ランキング