東京オリンピックが近づいてきた。テロなどの事前把握や雑踏防止による安全・安心な運営が至上の命題である。また、今年経験したような酷暑が予測され、熱中症患者が思わず同時多数発生した場合の搬送などがスムーズに行わなければならない。一時的にせよ、今年の2倍の観光客(最大6000万人)も予測される。オリンピックの興奮と暑さによる緊張感の緩みなどから、思いもかけない状況が起こる可能性もある。警察の臨機応変