沖縄県石垣市の自衛隊ミサイル基地配備問題で、配備予定地を調査した水質学、地質学の専門家が1日、現地で記者会見し、施設建設に先立つ環境影響評価(アセスメント)が不可欠だとの提言を発表しました。調査したのは、渡久山章琉球大学名誉教授(環境化学、陸水学)、桜井国俊沖縄大学名誉教授(環境アセス)、地下水問題に詳しい東田盛善(あがた・せいぜん)氏。8月31、9月1の両日にかけて、陸上自衛隊部隊の配置が計