平和を願い戦争に反対する戦没者遺族の会(平和遺族会)は15日、東京都千代田区の国立千鳥ケ淵戦没者墓苑で亡き肉親に思いをはせながら献花しました。26人が参加しました。平和遺族会は、戦争につながる行為に反対し、遺族の生活向上や諸要求の実現を目指して活動しています。同日の朝、後楽園駅の周辺で、宣伝活動。島田初代会長は、マイクを手に「戦後の73年間を、日本は憲法第9条の下、平和を保ってきました。これ