文部科学省をめぐる汚職事件を契機に、入試で女性の合格者数を抑え込む不当な操作などが発覚した東京医科大学の内部調査委員会が、数々の不正が行われていたことを認定する報告書を公表しました。報告書は、文科省前局長の息子らを合格させるための加点とともに、女性受験生や浪人回数の多い受験生が不利になる減点が常態化していたことなどを指摘、「大学の自殺行為に近い」と批判しました。しかし、疑惑の全体像はまだ解明の途