日本の金融市場は「金融緩和中毒」だと筆者は指摘する。だが麻薬患者がいきなり麻薬を止めれば激しい副作用が起きるとの同じで今はすぐに止められない。ではどうすればいいのか?(撮影:大澤誠)日銀が7月31日までの政策決定会合で金融政策を変更するのではないかという憶測が飛び交い、10年物国債の金利は一時これまでの0.03%程度から一気に0.11%まで急上昇した。この連載の記事はこちら 日銀は、この観測による金利上昇を抑え