沖縄県の翁長雄志知事は27日、県庁で記者会見し、同県名護市辺野古の米軍新基地建設に関する前知事の埋め立て承認を撤回する手続きを開始すると発表しました。撤回は承認後に生じた事由により処分を取り消す措置で、知事の最大の権限の一つ。撤回が行われれば、埋め立て承認は効力を失い、工事は停止することになります。(関連記事)翁長知事は撤回手続き開始の理由について、防衛省沖縄防衛局が全体の実施設計や環境保全対