9月の総裁選は、どうやら安倍晋三首相(党総裁)と石破茂元自民党幹事長の一騎打ちになりそうな気配だ。7月14日、石破氏が『政策至上主義』(新潮新書)を出版した。秋の総裁選に向けた“政策集”の意味合いが強く、事実上の出馬宣言とも言える内容だ。総裁選はこれまで、安倍首相優勢との見方が強かったが、ここへ来て永田町界隈では、石破氏の逆転の芽が出始めているとの声が高まりつつある。安倍首相は自民党衆参議員405人の