日本共産党の山下芳生議員は19日の参院本会議で5野党・会派提出の伊達忠一参院議長不信任決議案への賛成討論に立ち、伊達議長の与党に偏った異常かつ強引な国会運営を厳しく批判しました。山下氏は、伊達議長が、議会制民主主義の土台である選挙制度改革にあたって、全ての会派による協議を重ね、合意をえる努力を放棄し、自民党の党利党略にくみしたことをあげ、「伊達議長のふるまいは当然、不信任に値する」と強調。さら