日本共産党の大門実紀史議員は12日の参院内閣委員会で、カジノ実施法案について、賭博罪を構成する犯罪であるカジノの違法性を阻却(そきゃく=取り外すこと)する要件の一つである「目的の公益性」についてただしました。石井啓一カジノ担当相はカジノの「公益性」について、「カジノ収益の内部還元により観光・地域経済の振興などにあてることになる」と答えました。大門氏は、「経済の振興」という言い分について「刑法