(台北 5日 中央社)台北地方検察署(地検)は4日、昨年5月から3度にわたって渡航先を偽って出国したとして、国家安全局の退役上校(大佐)を国家機密保護法違反の罪で起訴した。元上校は日本や韓国、米国などに旅行をすると申請しておきながら、実際はミャンマーに渡っていた。国家の安全に関わる職務に携わる同局員や軍人などは出国の際、渡航先や出国期間、目的などを届け出るよう規定で定められており、退役した後も3年間は