日本共産党、立憲民主党、国民民主党、無所属の会の4野党・会派の衆院予算委員会理事会メンバーは26日、森友学園問題をめぐる佐川宣寿前理財局長の証言が偽証に当たるとして、同委員会として議院証言法違反(偽証罪)での告発を検討するよう、与党筆頭理事の菅原一秀議員(自民党)に申し入れました。4野党・会派は、3月27日の証人喚問での佐川氏の証言と、財務省による決裁文書改ざんに関する調査報告書を照らし合わせ