ライプツィヒは21日、ホッフェンハイムのユリアン・ナーゲルスマン監督が2019-20シーズンから指揮を執ると発表した。まだ18-19シーズンの開幕さえ迎えていないが、現在30歳の若き名将に対し、異例の形で誠意を示すという契約となった。ナーゲルスマンは当時28歳だった2016年冬、ホッフェンハイムの監督に就任。史上最年少の若さでブンデスリーガ1部での指導者生活をスタートさせた。データ活用に裏打ちされたハードワーク戦術