日本共産党の仁比聡平議員は14日の参院法務委員会で、女性差別撤廃条約選択議定書を速やかに批准せよと迫りました。同議定書の意義について、外務省は「条約上の権利を侵害された個人からの通報制度を定め、条約の効果的な実施を図るもの」と答弁。しかし「なぜ批准しないのか」との仁比氏の質問に、上川陽子法相は「大変注目している」「真剣に検討する」というだけで、問題点を具体的に示せませんでした。仁比氏は、同様