東京電力福島第1原発事故で、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東電旧経営陣3人の第16回公判が13日、東京地裁(永渕健一裁判長)でありました。被告弁護側の証人として、原発の審査などにも関わってきた首藤伸夫・東北大学名誉教授が証言しました。首藤氏は、津波工学の専門家で土木学会原子力土木委員会の津波評価部会主査を務め、電力会社の技術者らと「原子力発電所の津波評価技術」をまとめています。首藤氏は、2