「改ざん、隠ぺい、廃棄、虚偽答弁―このような悪質極まる行為を引き起こした政権は安倍政権が歴史上初めてだ」―。日本共産党の志位和夫委員長は30日、1年半ぶりに開かれた党首討論で、森友・加計問題で政府も認めた五つの重大事実を指摘。これらの悪質行為は、すべて安倍晋三首相のウソの答弁につじつまを合わせるためだったとして、安倍首相に辞職を求めました。森友・加計問題が国会で問題になってから1年以上がたちま