「バツをマルにしたとか、白を黒にしたとか、改ざんとか、そういった悪質なものではない」。29日の衆院財務金融委員会で驚くような暴言答弁がでました。森友学園への国有地売却をめぐる財務省の公文書改ざん問題で、同省トップとしての責任が問われる麻生太郎財務相が改ざんは悪質でないと開き直ったのです。これは、財務省が改ざんを「書き換え」と表現していることを追及されたのに対し、飛び出した答弁ですが、単なる表現